Macrura

みんなのアイドルA.B.C-Zへの気持ちを吐露したい

なぜA.B.C-Zなのか考えてみる①

11月はえび応援月間!!(勝手に)

何度か小出しした気がしますが、なぜ自分がA.B.C-Zにはまったのか、経緯をまとめるとともに考えてみようかと。

 

 

物心ついた時から、ジャニーズは生活の近くにありました。

とはいってもオタ的なものではなく、一般人程度に。

8時だJ、スマスマ、ぷっすま、スマステ、サタスマ、DASH、学校へ行こう、銀狼、未満都市、金田一、EIJI、ロシナンテ堂本兄弟Dの嵐、カウコンなど……割とみてるな?

音楽も、歌番組が好きだったので流れているものは割と聞いたし歌えます。

母親がBEST買ったのを聞いたりとかも。

周りと誰派かみたいな話で盛り上がりもしたけれど、ファン!と言う域まではいかず。

かっこよくて楽しそうな、テレビの中のお兄ちゃんという感じですかね。
 

一人暮らしを始めてからは、実家にいた時よりもテレビを見る時間が減ってしまい、ジャニーズとはちょっと距離が離れる結果に。

キスマイのデビューニュースをかろうじて見かけた以外は、よく見るベテランのお兄ちゃんたちだけが、自分にとってのジャニーズでした。

 

 

転機があったのは2015年6月27日「音楽の日」。

(調べてみたら結構な深夜だったのでたまたま夜更かししてたのね)

なんとなくチャンネルを回していた時に映ったのが、ちょうどA.B.C-Zでした。

この時のことは過去記事に書いてますね、そういえば。

macrura-reonn.hateblo.jp

このときメドレーをしていたのが、えびらぶ、ざえび、サマー上々、しゃわげ。

バックについていたのがすのーまん。

自分が今この4曲とJr.を見て「わーっ!」ってなるのは、このとき初めて触れたものだからなのかなぁと、最近つべで見返して思いました。

刷り込みってやつですね。自分すっごく刷り込みの影響受けやすいタイプ。

 

さて、なぜこのときA.B.C-Zが心に引っかかったのか。

・自分の好きな歌い方をしていたから

・えびらぶのイントロに心くすぐられたから

・えびらぶのコメントがおもしろかったから

・はっしーのカメラかくっで「お?」っと思ったところに塚ちゃんが「こっちだよー」って声かけてきたから

・ワンカメで目を離す暇がなかったから

・えびらぶ→ざえび→サマー上々というリズムの音楽の後のしゃわげイントロが綺麗だったから

・雨めっちゃふってたから

・豪雨すぎてイヤモニが役に立たなくなってグダグダになっても、歌おう、踊ろう、リアクションしようという姿がおもしろかったから

・豪雨映像から戻ったスタジオとアナウンサーがあまりに淡々としていて、そのギャップがおもしろかったから

 

まずはやはり「歌」ですね。

自分、歌詞の聴き取れないべたっとした歌い方苦手なんです……

その点はっしーの歌は透明感がある。

えびらぶ歌い始めのはっしーソロで耳がぐっと引き寄せられました。

5人そろって歌っても、ばらばらに歌っても、えびの歌はクリアで綺麗。

もし誰か一人でもべたっとしてたら、途中で変えていたでしょう。

 

そしてこの回はなんといっても「おもしろかった」。

今まで、歌番組でこんなにおもしろいショーは見たことがありませんでした。

ただ自分の歌を聞かせようとしているのとは違う。

ただ自分の可愛さ格好良さを見せようとしてきているのとも違う。

芸人みたいにネタで笑わせようとしてきているわけでもない。

ただまっすぐにアピールしてきてるのに、それがとても面白かった。

 

このパフォーマンスで「A.B.C-Z」という名と、なにやら面白い集団だということが心に刻まれました。

見返したら映像の細部まで結構覚えていたので、相当強烈に心に残ったのでしょう。
 

 

ここで残念だったのは、自分にとってジャニーズ、もとい芸能人全般が「テレビで見る」だけの存在だったこと。

調べようとかCD買おうとかいうよりも、また見れたらいいなくらいの気持ちだったと思います。

何してんだかほんとに……!!!

 

 

 

……という所でいったんあげちゃおうかな……長い……

次は年を越して、「まさかの再会」編となります。

この記事も次を書きつつ修正していくかもしれません。

自己満足記事にお付き合いくださりありがとうございました。