読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Macrura

みんなのアイドルA.B.C-Zへの気持ちを吐露したい

幸せな夢を見た

きっと、あれは夢だったんだと思う。

 

菩薩の微笑みを浮かべる五関様がいて

睫毛と黒目が宇宙のように輝いているふみきゅんがいて

ヴぉ!?みたいな時の真ん丸おめめにすぼめ口のはっしーがいて

頭の先からつま先まで美の詰まったとっつーがいる。

四人が数十センチの距離にいて

めっちゃ食い気味に目をのぞき込んでくる。

あまつさえお手に触れることができる。

声をかけさせていただくことができる。

 

思い出しても、そんなイメージビデオをVRで見たんじゃないかと思う。

腰と背中の痛みだけが妙にリアルだ。

 

 

 

さてそんな空間で自担様は。

 

「はい!はい!ありがとう!!」

 

スタッフさんから渡される封筒をおたくに流すマシーンになっておられました。

 

 

ちょっと手間取って自分の直前が詰まったので、塚ちゃんの前で立ち止まることができた。

 

「塚ちゃん!」

「ん!?」

「一番好きです!」

「ありがとう!(次の人を見ながら)」

 

 

いっぱいいっぱいな所に声をかけてしまった。

ごめんね、可愛かったよ。

二枚持って行ったけど、もろもろの事情で一巡しかしないって決めたから、ここしかなかったんだ。

本当は「好きになれて幸せです」って伝えたかった。

それは次の夢でにしよう。

 

 

A.B.C-Z、夢をみせてくれてありがとう。

 

まるでシンデレラのガラスの靴のように

青いRebootが左手に残っている